施術後に起こり得ることを事前に確認しておこう

サイトメニュー

輝く見た目になるには

注射を打つ人

施術内容や気をつけることを理解しよう

顔に関して悩みごとがある人は少なくありません。ただ顔に関しての悩みごとも、大きく分けると2種類に分かれます。一つはアメリカ的な理由で美容整形をする場合です。どのような意味かといえば、アメリカでする美容整形はアンチエイジングが主流となっています。つまり、若返りをするために美容整形をするわけです。ボトックス注射を打つのもそのような理由になります。一方で、日本的な美容整形の考え方もあるでしょう。これが、よりきれいにかわいくなるための美容整形です。日本式の場合には、どちらかといえば輝く見た目を実現したいと考えている若い人が中心になって行う傾向があります。いずれにしても、ボトックス注射を役に立つでしょう。注射の役割はいくつもありますが、皺をなくすことや顔を小さくすることなどにあると言えます。ただ、ボトックス注射も打ち過ぎると副作用が出てしまうでしょう。たいていの場合は、人によって症状が違いますので注射を打った後は副作用が出ないか1週間程度様子をみます。特に問題なければ、そのまましばらく放っておくかまだ効果が十分でないと感じる場合はもう一度ボトックス注射を打つのが基本です。なぜ1週間も待たなければならないかといえば、1週間の経過でおよそボトックス注射の効き目がはっきりとわかるからです。より効き目のものを利用したい場合には、ある程度しっかりとした金額のところにお願いをするのが一番です。アメリカ製のものなどは、十分な効果を発揮するため、日本国内の有名な美容外科では積極的に利用している傾向があると言えます。

ボトックス注射は、よほどのことがない限り大きな副作用が出ることはありません。この注射の役割自体は、筋肉の動きを弱めることです。例えば、顔を小さくする場合にはエラのところにボトックス注射を打つことになりますが、エラのところで発達している筋肉の動きを弱める役割があります。人間の体は、筋肉が弱まることでその筋肉自体が縮小していくのがわかります。筋力トレーニングでも、長期的に休んでしまうと筋肉が縮小して元に戻ってきますが、これは筋肉を動かさないため起こりうる現象です。副作用の少ないボトックス注射により、筋肉の働きを弱めることで、その部分の筋肉が縮小しています。結果的に顔が小さくなるような状態になるわけです。顔が小さくなることを希望している人にとっては、いくらでも顔を小さくしたいと感じるはずです。この時注意をしたいのは、あまりたくさんの注射を打たないことでしょう。注射をたくさん打つことで効果を発揮しますが、その分筋肉の動きが弱まりまひした状態に近づいてきます。すると、あごの筋肉が動かなくなり咀嚼すら難しくなってしまうでしょう。また、顎が動かなければはっきりとした言葉を話すことができません。そうすると、食事をすることとしゃべることの両方が制限されてしまう結果になり、日常生活にすら影響が出るとも言い切れません。このようにならないためには、医者の言うことをよく聞くことが重要になります。医者によっては、患者の言うことが第一と考えており患者の言うがままに手術をする人もいるため患者自身があまり無理を言わないようにすることが重要です。